88
エイティエイトの役員及び主な社員たちです。
年齢もさまざまな個性豊かな社員たちが、毎日真面目に仕事に取り組んでいます。

役員

横井瞭子
横井瞭子

学生時代の家庭教師や自宅での個人指導塾の延長線上にあるのが創立以来のエイティエイトの仕事です。その中で私自身を支えていたのは、子どもたちへの“愛”だったと思います。これからも愛ある教材を企画し制作していきたいと、考えています。
好きなこと
ベッドで本を読むこと(乱読。現代小説・歴史小説・ノンフィクションなど・・・)。
空(特に夕焼け)や、樹(銀杏や欅、メタセコイヤなどの大樹)を見ること。
好きな古典
『方丈記』(無常観に惹かれます。)

澤村陽子
澤村陽子
幼い頃の童話作家になる夢をなんとかかたちにしたくて、「子ども」「編集」をキーワードに仕事を選び、気がつけば教材づくり一筋にうん十年たちました。版元様にとって役立つ「仕事の魔法使い」でありたいと思い、また、子どもたちへの目を忘れず、「はじめて知った」「わかった」をキラキラした体験にできるよう、こだわっていきたいと思っています。
好きなこと
空想(何時間でもぼーっとしていられます。ときどき、「おーい、帰ってこーい」と・・・)。
好きなもの
小さいもの(小人・ドールハウス・てんとう虫)  テディベア
好きな音楽
ジャズ(詳しくはありませんが、心に響きます。それにお酒もおいしくなる。)

社員

最後に、よいものができた、と実感できるような仕事をしたいと思っています。
王朝の物語や日記を読むのが好きなので、古文の教材を担当するときには、こっそり楽しんでいます。

小学校高学年でシェークスピアの『ロミオとジュリエット』に出会ってからウン十年、芝居が好きです。今思うと、私のダジャレ好きは、芝居が原点だったのかも? ダジャレを入れるスキをねらいつつ、真面目に仕事に取り組んでいます!

小さい頃から本を読むことや絵を描くことが好きでした。今も、その続きで仕事をしている気がします。
教材はじっくり手をかけて作るものが多く、一つ一つの言葉を練ったり校正を重ねたり、細かな作業に日々没頭しています。

チーム戦型のアーケードゲームにはまっています。これも語句を理解し、考え、味方とコミュニケーションを取ることが勝利には必要となります。
国語はすべての土台になりうると胸に留めつつ、制作に臨みます。

辞書と古文が仕事の本命です。辞書については愛していると言っても過言ではない。仕事のおかげで、優れた文章に圧倒されたり言葉の世界が広がったりする機会に恵まれるのは、かなり幸せです。生活のうるおいは音楽。

趣味はカフェ巡りです。休みの日は、一人で、または妻と、どこかいいお店はないかなと探し歩いたりしています。
読書が好きなので、仕事のなかで素敵な小説や詩に出会えるのが密かな楽しみです。

思い返せば、大学は文学系で、その頃から塾の教材作りをやっていました。昔から国語の教材編集には縁があったようです。
中国旅行にはまっていて、漢文への関心が高まっているこの頃です。

助っ人

<略歴> 小学校で白い馬をなくし火縄銃で打たれるも、大造じいに救われる。中学校で無鉄砲な注文の多いなか朱筆を握り、標本を壊し矛を売り獅子奮迅で夢の跡にチャーを追う。高校でKを出し抜きエリスを発狂させ高御座の柱をちょい削る。
<問> 登場作品数は?

某東洋語を8年ほどやっています。小説を翻訳して、高校・大学時代の友だちに送りつけて読ませる、というのが趣味です。いまは、「庭の深い家」という小説を読んでいます。
助っ人Mさんのおかげで、久しぶりに小学校のラインナップを思い出しました。

子どもの頃、熱を出して学校を休むと必ず読むお気に入りの本がありました。椋鳩十にファンレターを出して、お返事をもらったこともあります。石井桃子訳のプーさんの詩は、どれもそらで言うことができます。微力ながら、誠実なお仕事をしたいと思っています。